結婚が決まったら! 婚約指輪・結婚指輪 購入する際の 注意点 〜ピンクダイヤモンド ”本当の”ピンクのダイヤ〜

婚約指輪・結婚指輪のSINDBAD BRIDALです。

 

婚約・結婚が決まった皆さん、おめでとうございます!

そして、こちらのブログを見つけてくださって、ありがとうございます。

 

「嬉しい」「幸せ」と同時に、結婚準備は初めてのことばかりで、何かと大変(><)

こちらでは、結婚準備の一つ「婚約指輪・結婚指輪」を購入する際の注意点について、説明しています。

少しでも皆さんの力になれればうれしいです。

 

今回は、ピンクダイヤ、ブルーダイヤなどのカラーダイヤについてです。

 

ピンクダイヤモンドの相場

 

ピンクダイヤモンドの結婚指輪や婚約指輪を探している方も多いいと思います。

 

 

「ピンクダイヤ」は、名前がかわいいのでお値段もかわいい…わけではありません。

無色ダイヤの40〜100倍(!)するの。

理由は、無色ダイヤに比べて産出量が極端に少ないからです。

最近では、採掘のコストが高くなっているため、相場も年々上がってきています。

さらに、ピンクダイヤはその名前と見た目の美しさから需要も高いのです。

 

 

また、ピンクダイヤは大きさはもちろん、その濃さによっても価格が違ってきます

大きく、濃くなるほど価格は高くなるのです。

色が薄くて「やっと」ピンクダイヤと分かる程度のものもたくさんあります。

 

これらの理由から、 放射線で色をピンクに変えたダイヤも多くなってきました。

 

本当は知られたくない”放射線照射”のピンクダイヤ

 

何年か前の話ですが、SINDBAD(シンドバット)が

「当店のピンクダイヤは放射線照射で色を変えたピンクダイヤではなく、天然のピンクダイヤです。」

という内容をある雑誌の広告に出そうとしたところ、一度は問題なく話がとおりました。

 

ところが数時間後には一転、その雑誌社からその表現を訂正するよう求められました。

理由を聞くと、しばらくして担当者から

一般の消費者は、ピンクダイヤに”放射線処理”があることを知らないので、知らせることはしないでください。」

という内容の回答がありました。

 

それでは商業倫理上問題があると思い抗議したところ、

理由が変更になり「法律上の問題」という回答が来ました。

 

それに対しても抗議したところ、別の担当者が

「外部にはお見せできない社内規定の関係で・・・」と、何とも歯切れの悪い答えが返ってきました。

 

つまり、「放射線照射のピンクダイヤ」の存在を知られて困る業者がたくさんいるということでしょう。

 

 

 

様々な色にできる”放射線照射”カラーダイヤ

 

この「放射線照射」ではピンク以外にもブルー、グリーンなど様々な色に変えることができます

多くの方は「ブルーダイヤ」というと、はっきりとした青を思い浮かべるかもしれません。

例えば、こんな色のブルーダイヤを。

 

 

じつはこれ、全部「放射線処理」したダイヤなのです。

人工的に「放射線処理」しているので、様々な色が出せるのです。

 

それに対してこちらは「天然の」ブルーダイヤ。

 

【ブルーダイヤとピンクダイヤのリング】

 

あまり色が濃くありませんが、それでも無色ダイヤの10倍以上の価格です。

天然のブルーダイヤはほとんどの場合、色が薄いのです。

周りをピンクダイヤで囲んでいるのは、青を強調するためです。

 

 

カラーダイヤを購入する際の注意点

 

「ピンクダイヤ」と言う標記を、「処理された放射線処理のピンクダイヤ」に用い、「天然ピンクダイヤ」という標記を「本物のピンクダイヤ」に用いている業者もあるようです。

ここまで読んで、「どうやったら”本当”のピンクダイヤを購入できるの?」と不安になっている人も多いと思います。

?まずはカラーダイヤを購入する際、その宝石店に直接確認してください。

?鑑定機関に、放射線照射されたものかどうかの鑑定書、あるいは鑑別書の発行を依頼できます。

 

【もちろん、天然のグリーンダイヤのリング】

 

 

幸運のお守りとしてのカラーダイヤ

 

ちなみに、 放射線処理をした「処理石」は昔から「運気を下げる」といわれています

そのため、「幸運のお守り」として放射線処理されたカラーダイヤを身に着けることは、もちろんおすすめできません。

 

 

______________

 

婚約指輪・結婚指輪・アニバーサリージュエリーの購入なら、まずはSINDBADへ

http://sindb.com/bridal/marriage/

 

SINDBAD(シンドバット) 郡山店

963-8002

福島県郡山市駅前1−9−19

☎ 024-923-1870

 

SINDBAD(シンドバット) いわき店

970-8026

福島県いわき市平字三町目28-1
小松ビル

☎  0246-25-7101

JUGEMテーマ:宝石・貴金属

結婚が決まったら! 婚約指輪・結婚指輪 購入する際の 注意点 〜ダイヤモンド・宝石の鑑定書・鑑別書・保証書〜

婚約指輪・結婚指輪のSINDBAD BRIDAL(シンドバット ブライダル)です。

 

婚約・結婚が決まった皆さん、おめでとうございます!

そして、こちらのブログを見つけてくださって、ありがとうございます。

 

こちらでは、結婚準備の一つ「婚約指輪・結婚指輪」を購入する際の注意点について、説明しています。

少しでも皆さんの力になれればうれしいです。

 

今回は「鑑定書・鑑別書・保証書」の違いについてです。

 

・鑑定書

 

鑑定書はダイヤモンドの4Cなどの”質を評価”したものです。

(無色ダイヤの場合0.08ct以上のダイヤにしかつけられないので、ハーフエタニティのような小さなダイヤがたくさんついているジュエリーには鑑定書はつきません。)

 

〈鑑定書例〉

 

たまにテレビ番組などで「○○鑑定」と言うのがあります。
お宝の価格をプロが評価していますよね。

 

しかし宝石の世界では、「鑑定」とはあくまで
「鑑定機関がダイヤモンドの質を評価する」事のみをいいます。


そのため、ルビーやサファイア等の、色石には鑑定書はつきません。

ダイヤモンドの質の評価なので価格の評価でもありません。

 

「鑑定書がついている」だけでは「質の高いダイヤ」ということになりません。

書いてある内容を確認して、高品質かどうか判断します。

また、「鑑定書の評価が同じ」だから、どの宝石店でもだいたい「同じ価格」とは限りません。

同じ鑑定機関の鑑定書、同じ評価のダイヤでも、いくらの価格を付けるかはそのお店の自由なのです。

 

・鑑定機関

日本鑑別団体協議会(AGL)には現在19社が加盟しています。

その鑑定書を発行する鑑定機関なのですが、代表的な機関としては下記の3つがあげられます。
■中央宝石研究所
■AGTジェムラボラトリー

■GIA(米国宝石学会)(AGL非加盟)

中央宝石研究所はグレーディングレポート(鑑定書)の発行部数から言えば世界最大です。
日本でも、北海道から沖縄までNO1のシェアを誇っています。

しかしそれだから、一番権威があると簡単には言えません。
権威と言う意味ではGIA 米国宝石学会でしょう。

AGTはGIAの出先機関としてGIA JAPANと言っていたのですが、GIAが日本で直接鑑定業務を行うようになったので、AGTと言う名前になっています。

*鑑定基準はAGL内で統一されている。ただし、AGL加盟の鑑定機関で同じダイヤモンドが違った鑑定になることは稀にあります。

*婚約指輪のダイヤには上記3社の鑑定が多いのですが、消費者にデザイン中心で選ばれるようなもの(例えばスリーストーンのネックレスなど)にはAGL加盟以外の鑑定がつくことがあるようです。

 

・鑑別書

 

鑑定書は色石には付けられませんが、本物かどうかの証明の「鑑別書」を付けることはできます。

人工的な放射線処理が行われていないかどうか、なども記載されます。

 

〈鑑別書一例〉

 

ダイヤモンドにもつけることができます。

例えばシンドバットでは婚約指輪の脇石にピンクダイヤをセットした場合、そのピンクダイヤが

「放射線処理されたものではなく、天然のもの」

という証明のために付けられることがあります。

※ピンクダイヤなどのカラーダイヤは無色ダイヤに放射線処理で、色を変えたものが多く出回っています。

 

 

・鑑定書と鑑別書の違い(どちらがいい?)

 

つまり、両者の主な違いは

「ダイヤモンドの質を評価したものかどうか」

「本物かどうかのみ評価しているか」

「ダイヤモンドのみに付けられるものか、色石にもつけられるか」

ということです。

 

例えば婚約指輪のセンターストーンのようなダイヤモンドには、通常鑑定書がついています。

これが「鑑別書」であれば、鑑定機関が発行しているとはいえ、ただ「本物ですよ」と証明しているだけであって、質の証明は一切していません。

 

・保証書

 

たまに、SINDBADのお客様から
「保証書は無いんですか?」
ときかれます。

 

確かに、お店によってはこういった保証書をつけているところがありますよね。

 

 

これ、よく読んでみると分かるのですが、
「K18 ダイヤモンド ベビーリング
お買い上げ品の品質を保証します。」

 

どんな品質かというと、この商品の金属は「K18」石は「ダイヤモンド」ということで、、、
つまり、「偽物ではありません」ということだけなのです。

K18はあくまで金属の種類、「ダイヤモンド」は本物だけど、高品質かどうかについては一切触れていません。

つまり、低品質のものにも付けることができるのです。

「偽物ではありません」というのは、ごく当たり前のことなのですが、それを鑑定機関ではない宝石店が独自に印刷した「保証書」のなかで、わざわざ書いているだけなんです。

 

宝石店によってはこの保証書にアフターケアについて記載している場合もありますが、宝石の質について証明しているものではありません

 

 

鑑定書・鑑別書・保証書についてまとめました。

参考にしていただければ幸いです。

______________

 

婚約指輪・結婚指輪・アニバーサリージュエリーの購入なら、まずはSINDBADへ

http://sindb.com/bridal/marriage/

 

SINDBAD(シンドバット) 郡山店

963-8002

福島県郡山市駅前1−9−19

☎ 024-923-1870

 

SINDBAD(シンドバット) いわき店

970-8026

福島県いわき市平字三町目28-1
小松ビル

☎  0246-25-7101

 

JUGEMテーマ:宝石・貴金属

結婚が決まったら! 婚約指輪・結婚指輪 購入する際の 注意点 〜ダイヤモンドの4Cの優先順位、重視すること〜

婚約指輪・結婚指輪のSINDBAD BRIDAL(シンドバット ブライダル)です。

 

婚約・結婚が決まった皆さん、おめでとうございます!

そして、こちらのブログを見つけてくださって、ありがとうございます。

 

こちらでは、結婚準備の一つ「婚約指輪・結婚指輪」を購入する際の注意点について、説明しています。

少しでも皆さんの力になれればうれしいです。

 

このページでは、「ダイヤモンド」について説明しています。

 

 

婚約指輪の購入を検討している方は、ダイヤモンドの「4C」を聞いたことがある方も多いと思います。

SINDBAD(シンドバット)にいらっしゃる方からも「ネットで調べてきました」という声が聞こえます。

 

ただ、「説明を読んだり聞いたりしても、ピンとこない」「結局、4Cの何を重視したらいいかわからない

という方も多いのではないでしょうか。

 

その大きな理由は「ダイヤモンドを直接見ていない」あるいは「ダイヤモンドを見比べていない人、よくわかっていない人から説明を受けている」ことだと思います。

 

実際ネット上で4Cの説明をみると、「??」となるものが多くみられます。

「部分的にはあっているけど不正確」であったり、

「ダイヤモンドをちゃんと見たことない人が書いているのかな」

というものが随分とあります。

 

ショーケースの上から、ダイヤモンドジュエリーを眺めるだけでは、その違いはほとんどわかりません。

正しい説明を聞きながら、ショーケースから取り出されたダイヤをじっくりと見比べて、初めて分かってくるものです。

では、4Cは知らなくてもいいのか、というとそういうわけではありません。

 

なぜなら、4Cはダイヤモンドの価値を評価したものですが、「4Cが同じならどの宝石店でも価格が同じ」というわけではありません。

だから、婚約指輪を購入する際は、最低限4Cを理解したうえで、同じ条件(4C,デザインなど)で価格の比較をしなくてはならないのです。

 

 

SINDBADの自慢の一つに、「シンドバットにきて初めて4Cの説明がわかりました」「シンドバットで4Cの説明を聞いたから、その後比べ安かったです。」と、多くのお客様に言われることです。

 

大切な婚約指輪です。

購入される際は、ぜひ最低限の知識を入れてください。

 

ネット上での説明だけでは限界があるのですが、4Cの説明と表をのせておきます。

SINDBADは「どうぞ、他店さんも回ってください」が合言葉なので、婚約指輪のお探しの方はどうぞSINDBAD(シンドバット)の4Cの説明を聞きに来てくださいね。

 

4Cの表

______________________________

ダイヤモンドにおけるカラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの英語の頭文字をとって、4Cと呼ばれています。

Carat(カラット:重量)

一般的にカラット数が大きければ大きいほど稀少であり価値もありますが、同じカラット数のダイヤモンドでも他の3要素(カラー、クラリティ、カット)の組み合わせで、その価値はとても変わってきます。

Color(カラー:色)

ダイヤモンドは通常無色からライト イエロー、ライトブラウン、ライトグレーまで自然の色がついています。純粋無色なものをDカラーとしZカラーまで分類されます。
またピンクダイヤなどのファンシーカラーと呼ばれるダイヤモンドは別の分類評価になります。

D E F G H I J K L M …Z
高価 ← ← ← 安価

Clarity(クラリティ:透明度)

大抵のダイヤモンドには内包物が含まれており、この内包物の数、大きさ、色、場所などによってグレートが決められ、少ないほど希少価値は高くなります。

FL フローレス
IF インタナリーフローレス
VVS1 ベリーベリースライトリー
VVS2
VS1 ベリースライトリー
VS2
SI1 スライトリー
SI2
I1 インパーフェクト
I2
I3

Cut(カット:全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)

カットは上の3つの要素のように自然が決定したものとは違い、熟練したカット職人の技によって価値が変わります。技術と経験によって裏付けられた職人技によってバランスよくカットされたダイヤモンドは煌きながら輝きを放ちます。

特に、カットの総合評価に加えて、仕上げの対称性と研磨状態の3項目がExcellentのものを3EX(トリプルエクセレント)と呼ばれています。

Excellent 高価





安価
Very good
Good
Medium
Fair
Poor

 

______________

 

婚約指輪・結婚指輪・アニバーサリージュエリーの購入なら、まずはSINDBADへ

http://sindb.com/bridal/marriage/

 

SINDBAD(シンドバット) 郡山店

963-8002

福島県郡山市駅前1−9−19

☎ 024-923-1870

 

SINDBAD(シンドバット) いわき店

970-8026

福島県いわき市平字三町目28-1
小松ビル

☎  0246-25-7101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:宝石・貴金属

 

 

結婚が決まったら! 婚約指輪・結婚指輪 購入する際の 注意点 〜金属 ゴールド〜

婚約指輪・結婚指輪のSINDBAD BRIDAL(シンドバット ブライダル)です。

 

婚約・結婚が決まった皆さん、おめでとうございます!

そして、こちらのブログを見つけてくださって、ありがとうございます。

 

こちらでは、結婚準備の一つ「婚約指輪・結婚指輪」を購入する際の注意点について、説明しています。

少しでも皆さんの力になれればうれしいです。

 

婚約指輪・結婚指輪で使われる金属はプラチナとK18が一般的ですが、このページでは、K18について説明しています。

 

(プラチナ編はこちら)

 

 

●K18(18金)


「K18」は「金・ゴールド」の中でも「純度75%」の金です。

婚約指輪・結婚指輪等のゴールドジュエリーはK18が一般的です。

ゴールドの色は大きく分けて、イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドがあります。

 

・イエローゴールド

「ゴールド」ときいて、思い浮かべるのがこの色だと思います。

≪同じデザインの結婚指輪:上は、プラチナで、小指側にダイヤ3石、

下のリングはK18イエローゴールドで中指側に艶消しをいれた、結婚指輪≫

 

ゴールドというと、変色を心配する方が多いのですが、、、

ずっと身に着けていれば、変色することはほとんどありません。

ただ、長い間身に着けず放置すると、イエローゴールド・ピンクゴールドなどは赤みがかったりすることがあります。

もっとも、SINDBAD(シンドバット)の製品でしたら、電解のサービスがありますので、その赤みをとることができます。


・ピンクゴールド

純度75%の残りの25%の銅の分量がイエローゴールドより多く、赤みがかかった金が「ピンクゴールド」です。

「ばねがある」という金属の特性上、サイズ直しは他の金属より難しく「±1」くらいまでです。

 

≪センター部分がプラチナ、それ以外に部分がK18ピンクゴールドの結婚指輪≫

 

・ホワイトゴールド


純度75%の残りの25%に、パラジウムなどを混ぜて白くしたものが「ホワイトゴールド」です。

 

 

見た目はプラチナとほとんど変わりません。

SINDBAD(シンドバット)にいらっしゃるお客様に、両方並べて見ていただくと、

「わからないです、、、でも、よく見るとこっち(K18WG)が暗い、、、かな。」

という方が、ほとんど。

≪左の結婚指輪がK18ホワイトゴールド、右のダイヤ付きの結婚指輪がプラチナ≫

 

写真で見るとこれくらい違いますが、直接目で見るともっとわかりづらいと思います。

 

・どうしてプラチナではなくて、ホワイトゴールドでオーダー?

 

SINDBAD(シンドバット)は基本的にオーダーメイド(セミオーダー)なので、ほとんどの場合、同じデザインでも「プラチナではなくホワイトゴールド」でオーダーすることもできます。

 

ホワイトゴールドが選ばれる理由としては「価格」と「色」がほとんどです。

 

・価格

K18には純金が75%、pt900(プラチナ)には純プラチナが90%含まれており、純度が違います。

そのためK18はプラチナに比べて安価で、プラチナではなくK18ホワイトゴールドが選ばれることがあります。

 

・色

ホワイトゴールドはプラチナと比べて、やや暗めの色です。

この色を好む方もいらっしゃいます。

 

・どちらがいいの?

「プラチナとホワイトゴールドどちらがいいのか?」

プラチナは、金属の特性上粘り気がある金属なので、強い力が加わると、まれに変形してしまいます。

逆に言うと、プラチナはきれいに元に戻すことができるのです。

(詳しくはこちら)

 

ホワイトゴールドは固いので、変形はほとんどありません。

ただ強い力が加わると、割れてしまうことがごくまれにあります。

もっとも、プラチナの変形よりも何倍も「まれ」です。

 

・その他のゴールド(注意!)

K18は75%の純度のゴールドですが、その純度を下げたK10(純度約41.6%)などの金属があります。

ファッションジュエリーなどで、使われることが多い金属です。

純度が低い分、K10はK18より価格が低いです。

 

K10ゴールドのサイズ直しは、難しい場合が多いです。

少なくともSINDBADでは、承れません。

そのK10ゴールドの結婚指輪が、最近では結婚指輪として販売されていることがあります。

後で後悔しないように、ゴールドの婚約指輪・結婚指輪を購入する際はデザインだけではなく、しっかりと純度も確認してください。

 

______________

 

婚約指輪・結婚指輪・アニバーサリージュエリーの購入なら、まずはSINDBADへ

http://sindb.com/bridal/marriage/

 

SINDBAD(シンドバット) 郡山店

963-8002

福島県郡山市駅前1−9−19

☎ 024-923-1870

 

SINDBAD(シンドバット) いわき店

970-8026

福島県いわき市平字三町目28-1
小松ビル

☎  0246-25-7101

 

 

 

 

JUGEMテーマ:宝石・貴金属

結婚が決まったら! 婚約指輪・結婚指輪 購入する際の 注意点 〜金属 プラチナ〜

婚約指輪・結婚指輪のSINDBAD BRIDALです。

 

婚約・結婚が決まった皆さん、おめでとうございます!

そして、こちらのブログを見つけてくださって、ありがとうございます。

 

「嬉しい」「幸せ」と同時に、結婚準備は初めてのことばかりで、何かと大変(><)

こちらでは、結婚準備の一つ「婚約指輪・結婚指輪」を購入する際の注意点について、説明しています。

少しでも皆さんの力になれればうれしいです。

 

今回は「金属」についてです。

婚約指輪・結婚指輪で使われる金属は基本的には「プラチナ」と「ゴールド」。


今回はこの中のプラチナについて、書いてみました。

 

http://sindb.com/bridal/engage/

 

●プラチナ

 

プラチナジュエリーは通常「pt900」という「純度90%」のプラチナです。

多くの場合残りの10%は強化材が入っています。

 

SINDBAD(シンドバット)ではオプションで純度を上げた「pt950」「pt999」などでもオーダーできます。

ただ、その分強度が下がってしまうので、積極的にはおすすめしていません。

主に、金属アレルギーの方向けです。

 

(プラチナのチェーンはpt850が一般的です。)

 

プラチナは金属なのでもちろん固いのですが、「粘り気」のある金属です。

そのため、変形してしまうことがあります。

例えば、「プラチナリングをはめたまま重いものを持つ」などした場合です。

それでも、ほとんどの場合きれいに戻すことができます。

これが、プラチナが長く使うジュエリーに適している理由の一つです。

 

 

!注意点!

最近では純度を下げた「pt525」や「pt100」なども出ています。

こちらはその名の通り、プラチナの純度が「52%」や「10%」(!)の金属です。

日本ジュエリー協会では

「プラチナジュエリーとは、プラチナ85%以上の品位の合金を用いた製品を言う。」

としています。

http://www.jja.ne.jp/books/pdf/kikinzoku.pdf

 

つまり、「pt525」や「pt100」はプラチナにあらず、ということです。

 

婚約指輪・結婚指輪は長く使うものです。

購入する際は、金属の純度などにも注意して探してみてください!

 

婚約指輪・結婚指輪・アニバーサリージュエリーの購入なら、まずはSINDBADへ

http://sindb.com/bridal/marriage/

 

SINDBAD(シンドバット) 郡山店

963-8002

福島県郡山市駅前1−9−19

☎ 024-923-1870

 

SINDBAD(シンドバット) いわき店

970-8026

福島県いわき市平字三町目28-1
小松ビル

☎  0246-25-7101

 

 

JUGEMテーマ:宝石・貴金属